財布に優しい上野風俗サービス

風俗に通い、男を磨くでござる。生理現象を処理し、風俗の魅力を伝えるのでござる。
ヤバい!!激安オナクラ・手コキ店が上野に!

都内の風俗店と言えば、真っ先に誰もが頭に浮かぶのが歌舞伎町と吉原だと思うんで、
そして新宿を中心に上は池袋、下は渋谷があり、その下には五反田があるんで。

いずれも風俗街としては名が知れているエリアで、それぞれが特色を持っていて、若い人が多いのは新宿、渋谷、池袋、そして五反田はちょっとマニアックなお店が多いなど、地域性が出るのも風俗街の特徴と言えるでしょう。

逆に都内の反対側のエリアで見てみると、吉原を中心に上野、日暮里、秋葉原、小岩など、風俗店が多いエリアが西と東でそれぞれ栄えている気がするけど、実際もそうだと思う。

埼玉や神奈川から都内に出てくる人は当然新宿や池袋、渋谷方面に出すし、千葉や茨城から出てくる人はむしろ小岩とか上野、秋葉原が多い気がするよな。

上野は昔からディープな風俗店が多いエリアだったので、そういう意味では、ディープな風俗街と言えば、五反田と上野が双璧と言っても過言ではないかもしれないでしょう。

しかし風俗の世界も不況の波でどんどんお店のスタイルも価格帯も変化してきていて、最近では格安風俗とイメージプレイ、無店舗型の出張サービスというのが、一つのトレンドのようだね。

上野に住む老紳士の絵

かつて一世を風靡したファッションヘルスやマンションヘルスは、今はほとんどがデリヘルやホテヘルに様変わりし、イメクラはそのイメージプレイの世界がどんどん進化し、コスプレのお店か、オナクラ、手こき風俗に変化していった。

今ではコスプレとオナクラと手こき風俗全てを売りにしているお店も多く、そのほとんどが格安風俗店で。

利用する男性客も、安いお金でドキドキしながらスッキリ射精が出来るので、ソープランドやデリヘルよりも気軽に利用する頻度としては圧倒的に高い気がする。

昔はまだオナクラや手こき風俗が誕生した当時は、そのほとんどがマンションタイプの風俗だったんだけど、最近のオナクラや手こき風俗はデリヘルタイプのお店が多いみたいだな。

つまりデリバリーオナクラやデリバリー手こきというわけだし、値段も2~3000円という安さなので、客が殺到するのもうなずけるでしょう。

また、上野の風俗に行く前、上野の歴史を満喫できる、(http://www.ueno.or.jp/spot/spot_02.html)一石二鳥の良いスポットだし、是非行ってみて欲しいと思う。