風俗に通い、男を磨くでござる。生理現象を処理し、風俗の魅力を伝えるのでござる。
数合わせとしても

吾輩の夏が終わりを告げる。

日本列島に台風がわんさかやってきおり、偏頭痛持ちの身としては、孫悟空のワッカで締めつけられる日々でございます。

さて、そんな吾輩にも先日、女性と会話する機会がありました。

勿論、ノーキャッシュ、ノービジネスでございます。

ま~世に言う「合コン」でございます。

  歌舞伎の舞台のシーンのイメージは合コンは戦場である

金曜の夜、帰ろうとする吾輩に同僚が、今日は時間があるかと尋ねるので、予定のないことを伝えたところ、では、これから来なさいと言う事で、あれよあれよと渋谷の飲み屋に連れて行かれました。

そこには、他部署の諸兄が居られ、吾輩を含めて4名での酒席と思ったのですが、それから5分もしないうちに女性4名がくるではありませんか!!!

心の準備もままならず、服装、口臭、髪型と気になる点ばかりでは、ありましたが、これも好機と奮い立たせ、合コンの幕が開いたのです。

しかし、日ごろ女性と言葉を交わす事のない吾輩にいきなりの会話は、ハードルが高く、同僚、諸兄の様子を見ることにしたのです。

諸兄の皆さまは、それはそれは流暢に日本語を操り、吾輩もつい頬を緩ませることもありました。

最終的に吾輩は、特に見せ場もなく、相槌を打つばかりであったのですが、それなりに楽しむ事ができました。

残念ながら、女性とは、軽い会話程度で付き合うなど夢のまた夢ではございましたが、よい経験でした。今回の合コンは良いメンバで良かった!