男を鍛える風俗力

風俗に通い、男を磨くでござる。生理現象を処理し、風俗の魅力を伝えるのでござる。

池袋の風俗に行く人はなぜ行くのでしょうか?
唐突に性欲が湧いてきて行きたくなるのでしょうか?
もちろん世の中にはそういう人もいるとは思うけど、池袋で風俗に行く人は何かしらのキッカケがあると思う。

そこには当然、潜在的な欲求が潜んでいることが前提にあり、それが何かをキッカケに表面化し、その結果その欲求を満たせる場を持っていない人が池袋の風俗店に行って欲求を発散するというケースがほとんどなのだ。

ではこの欲求を満たせる場を持っていない人=彼女や奥さんがいない人かというと実はそうではなく、逆に彼女や奥さんがいる人ほど池袋の風俗に行くという人もいるし、彼女がいなくて池袋の風俗に行くという人もいる。

やはり池袋の風俗のプレイというのは、ただすっきり出来るというだけではなく、その非日常的なことにも魅力がある。

だから彼女がいても毎日やれていても、気持ちが満たされていない人が池袋の風俗に行くし、気持ちが満たされている人は孤独でも苦にならないので池袋の風俗にはいかない。

つまり、池袋の風俗という場はただ気持ち良いことが出来てすっきりすることが目的ではなく、非日常を求めてくる人というのがそのほとんどだと思う。

たとえばSMクラブとか、コスプレのイメクラなどのマニアックな風俗店も最近では人気があるけど、彼女がいる人でもSMプレイやコスプレプレイ、バイアグラを使ったプレイを日常的に体験出来るかと言えば出来るとは限らないし、だからと言って簡単に彼女や奥さん以外のSMプレイやコスプレプレイを出来る人を探すのも大変だし、仮に見つけたとしても、そういう関係になれるとも限らない。

仮になれたとしてもその後も関係を続けるかどうかということで日常生活にも影響が出る可能性もあるので、ただ気軽に思う通りのプレイをやりたいだけであれば、池袋の風俗が手っ取り早いということなのだ。

風俗に行く人の共通点としてはAVがある。

AVとは言うまでもなくアダルトビデオの略だけど、この言葉が出来たころはテレビでアダルトな映像を見られるビデオが大量に世の中に溢れてブームになったけど、その後ビデオがDVDになったことでアダルトビデオの世界はアダルトDVDになり、今ではエロ動画の世界になった。

それでもDVDは今も売れ続けていてそのブームは未だに世の中をリードしている。

「えっ?アダルトビデオが世の中をリードする訳がないだろ(笑)」と思っている人も大勢いるかもしれないけど、現にアダルトビデオは世の中に影響を与えている。

アダルトビデオで流行ったプレイは必ずそれを試そうとする男性が現れるし、実は意外にもアダルトビデオをチェックしているのは男性だけではない。

意外にもアダルトビデオをチェックしている女性も多く、おそらく普通にエロに興味があってみているという人もいれば、テクニックを付けなければ男にモテないのでは?と必要な情報としてチェックしているという人も多いみたいなのだな。

そしてアダルトビデオには昔からさまざまな流行りがあったのだけど、その中でもっとも有名なのが「マジックミラー号」じゃないかな?って思う。

このマジックミラー号シリーズは絶対に女性でも知っている人も多く、この辺りが素人物のアダルトビデオがブームになった時代じゃないかな?と思う。

人妻風俗で働く中年女性のランジェリー姿

まだ、DVDが普及する前のビデオの時代から無修正のビデオや、有名なアダルトビデオ女優のブームというのもあったけど、そこも飽きられ、その後の素人物のアダルトビデオブームがやってる。

素人物のアダルトビデオの人気が高い理由としてはやはりそのリアリティにあると思う。

逆に言うとそれ以前に流行っていたアダルトビデオはというと、出演している人たちもAV女優っていうくらいなのでやはり演技っぽい。

演技っぽいということ自体当時は誰も気付かなくて人気があったわけだが、のちに情報化社会になったことで、これが演技だったってことがわかって興奮出来なくなったということが素人物のアダルトビデオがブームになった要因だと思う。

やはり、わざわざ感情移入が出来ないものに興味が持てないように、素人物のアダルトビデオは人気が出た。

そしてそこから派生したのが、隠し撮り系のアダルトビデオだ。

たとえば、マッサージ店でマッサージをしてもらっていたらマッサージ嬢の前で勃起してしまい、それを見たマッサージ嬢が欲情して本番行為に発展してしまうシリーズとか、病院で看護師に看護されているうちに、看護師が患者である男性の裸に興奮して本番行為が始まってしまうなど、様々なシチュエーションのものが出ている。

そんな中で、本番行為が禁止されている風俗店での隠れ本番行為の隠し撮りAVが隠れた大ヒットになっていて、その一つがピンサロでの本番行為の隠し撮りAVだ。

最初は普通にピンサロ客として接客を受けているのだが、途中から交渉の末、女性が上に乗ったりバックから本番行為をやらせてくれるという衝撃的な内容のアダルトビデオだ。

普通に考えたらやらせじゃないかな?って考えるのが普通ですが、あまりにもリアルなので、本当にこういうことが起きるのでは?と期待して、今も池袋のピンサロには本番ピンサロを夢見るおとこ達も少なくないかもしれないな。

近年では手コキやオナクラのお店が急増している。
そんな手コキの専門店が神田にあるハンドメイド神田だ!

15分3,000円という激安ぶりも最高なのだが、この基本料金に含まれるサービスが、手コキとローションまではよくあるサービスなのだが、なんとこのハンドメイド神田の基本料金には「手受け」が含まれていることが、さすがよく手コキ好きのことをわかっているなーって感心してしまう!

しかもそんな基本サービスを付けた状態で15分3,000円という低価格。
まさに手コキの名店だ!

女子大学生

手コキ風俗といえばネットのある人気風俗サイトで検索してもいろいろなお店が出てくるが、このハンドメイド神田の安さは群を抜いていて、そんな格安店でかわいい素人っぽい女の子を見つけられたらラッキーとしか言いようがない。

お店の場所は神田駅西口からすぐの場所にあるので、山手線沿線ということもあり場所も行きやすい場所にあってとても便利だ。
しかも受付の電話をかけてみたら風俗店としては珍しく女性スタッフが電話に出たのでちょっと驚いてしまった!(笑)

お店はというと、てっきり店舗型のお店なのかと思ったらレンタルルームを案内され、神田西口商店街にあるレンタルルーム。ちょっとウケるのが、このレンタルルームの入っているビルにはなんとエレベーターが無いのだ!(笑)
ビルの階段を歩いて登っていたら、要所要所に「ガンバレ」とか「階段を上がってカロリーを消費しよう」などと書かれていてウケま~す(笑)

何故こういう手コキ風俗に人気があるのかというと、通常手コキだけでフィニッシュまで行くということはあまり無いので、男性の中には手コキだけでイカされたいという願望を持っている人が結構いるみたいだ。

一般的には手コキというと手抜きなイメージがあるのかもしれないが、手コキ好きにとってはむしろ女の子には裸にもなって欲しくなく、手コキだけに専念してほしいと願っている人が多いみたい。

そんな経験をたった3,000円で経験することが出来、しかもフィニッシュでは「手受け」で手に出すことがオプションじゃなく基本料金で出来ることが嬉しい!

手コキマニアは是非神田で「手受け」を堪能してほしい。

都内の風俗店と言えば、真っ先に誰もが頭に浮かぶのが歌舞伎町と吉原だと思うんで、
そして新宿を中心に上は池袋、下は渋谷があり、その下には五反田があるんで。

いずれも風俗街としては名が知れているエリアで、それぞれが特色を持っていて、若い人が多いのは新宿、渋谷、池袋、そして五反田はちょっとマニアックなお店が多いなど、地域性が出るのも風俗街の特徴と言えるでしょう。

逆に都内の反対側のエリアで見てみると、吉原を中心に上野、日暮里、秋葉原、小岩など、風俗店が多いエリアが西と東でそれぞれ栄えている気がするけど、実際もそうだと思う。

埼玉や神奈川から都内に出てくる人は当然新宿や池袋、渋谷方面に出すし、千葉や茨城から出てくる人はむしろ小岩とか上野、秋葉原が多い気がするよな。

上野は昔からディープな風俗店が多いエリアだったので、そういう意味では、ディープな風俗街と言えば、五反田と上野が双璧と言っても過言ではないかもしれないでしょう。

しかし風俗の世界も不況の波でどんどんお店のスタイルも価格帯も変化してきていて、最近では格安風俗とイメージプレイ、無店舗型の出張サービスというのが、一つのトレンドのようだね。

上野に住む老紳士の絵

かつて一世を風靡したファッションヘルスやマンションヘルスは、今はほとんどがデリヘルやホテヘルに様変わりし、イメクラはそのイメージプレイの世界がどんどん進化し、コスプレのお店か、オナクラ、手こき風俗に変化していった。

今ではコスプレとオナクラと手こき風俗全てを売りにしているお店も多く、そのほとんどが格安風俗店で。

利用する男性客も、安いお金でドキドキしながらスッキリ射精が出来るので、ソープランドやデリヘルよりも気軽に利用する頻度としては圧倒的に高い気がする。

昔はまだオナクラや手こき風俗が誕生した当時は、そのほとんどがマンションタイプの風俗だったんだけど、最近のオナクラや手こき風俗はデリヘルタイプのお店が多いみたいだな。

つまりデリバリーオナクラやデリバリー手こきというわけだし、値段も2~3000円という安さなので、客が殺到するのもうなずけるでしょう。

また、上野の風俗に行く前、上野の歴史を満喫できる、(http://www.ueno.or.jp/spot/spot_02.html)一石二鳥の良いスポットだし、是非行ってみて欲しいと思う。

 

 

 

 

実は昔からニューハーフとエッチが出来る風俗店というのが存在していて、ソープランドとかファッションヘルスとかのお店は普通に風俗街に行くと見かけるけど、ニューハーフヘルスは堂々と店舗を構えて営業していなかったので、知る人ぞ知るという感じで、実際にかなりマニアな人向けのお店という感じだった。

可愛いニューハーフ風俗嬢

見た目は女と言っても体は基本的に男なので、付いている人が大半で、それでもいいっていう人は昔だとゲイがメインだったと思うので、広告もゲイの雑誌とかに掲載されていて、それを知ってお店に行っていたんじゃないかな?と思う。

最近ではインターネットが普及してきているので、風俗検索サイトでニューハーフヘルスの情報も簡単に手に入るようになった事と、一昔前とは比較にならない位、ニューハーフの見た目が綺麗になったので、ここ10年位にニューハーフに対する世の中の人たちの見方も、大幅に変わってきたような気もする。

ニューハーフタレントや女装家と呼ばれる人たちが毎日のようにテレビで活躍していますので、昔のようなアングラな存在ではなく無くなったことと、最近ではコスプレが流行し、毎年10月に行われるハロウィンでは誰もが仮装をする事で、コスプレの魅力にハマる人も増えているそうで。

そんな中で昔は恥ずかしい趣味だったのが、今では逆に好感度が上がるようになった趣味に、「女装」があって、普段は男なのに趣味で「女装」をする事が、昔であればただ単に変態扱いだったのが、最近ではコスプレと同じで、一つの趣味とか気分転換の一つとして、社会に受け入れられてきている気がするんでね、

しかしそんな「女装」趣味がある男性の中には、本当に女になりきって、男ともエッチしてみたいと考えたり、アルバイトとして割り切って、女装の格好で風俗嬢になる人も増えていて、そういう「女装」趣味の人を最近では、女装子や男の娘と呼ぶようになっていて、この女装子や男の娘とエッチが出来る男の娘ヘルスが大流行している。

どうせ普通の風俗店に行っても本番行為は出来ないので、であれば、普通と違った感覚を味わってみたいという好奇心や、女の子の体におちんちんが付いているという事で、逆にお尻に穴に入れられたいなど、目的は様々のようであるけど、実際に流行っているので、気になる方は是非一度体験してみましょう!

飲み会の場なんかで盛り上げる為には、何か面白い話題で盛り上げたい!!
仲間内の飲み会なんかでは、共通の知人に関するゴシップがかなり盛り上がる。

例えば、誰々が誰々と付き合っているとか、誰々にはこんな意外な一面があるという噂話とか、人は噂話が大好きなので、こういう共通の知人に関する噂話は結構ウケる。

下世話な話題ややらかした出来事の話題はその場が盛り上げるので手っ取り早いが、人の噂話というのは、話している本人のイメージも悪くするので、話す場合注意が必要だと言われているんだな。

口は災いの元って言うからね…

吉原デリヘル風俗嬢がくれた可愛い狸のお土産

同じ噂話でも他人の悪口をネタして笑いを取った場合と、他人を積極的に褒めた場合とでは、周囲の好感度が変わってくるのは明確で、その結果、他人に関するプラスな話題の噂話をする人は、その人自身も他人から好印象を持たれる事で知られている。

つまり、合コンなどで知人の良い所をアピールしてあげるような人は、その人自身の評価も向上し、結果的に得をすると言われている。

一緒にいた合コンで知り合いの女が吾輩が風俗好きなことを冗談で言いふらして、盛り上がっていたけど、女子達はもう吾輩のことをすっかり身体しか狙わない男だと勘違いして、結局吾輩が良いと思った女の子とは仲良くなれなかったってことがあった。
その後は、その言いふらしてた女が吾輩に好意を持ってるって言われたけど、はぁ!?お前なんか絶対無理だけど!ってマジ腹が立った。
お前とやるより風俗の方がいい!吉原風俗のデリヘル嬢はお前なんかより比べものにならないほどいい女!お前みたいな空気の読めない、デリカシーのない女はマジ勘弁!

人は毒のある話題や、噂話が好きなので、その場は盛り上がるかもしれないけど、結果的にその人の評価を下げてしまうので、その場の盛り上がりの為に自身の評価を下げてしまう可能性のある話題は、やはりリスクが高いので、やはり面白い話だったとしても、悪口や噂話は安易に口にしない方がいいと思わる。だから、その女とはもう二度と会いたくはないな!

昔、朝のニュース番組で、局アナが「沈黙はカネなり」と言うのを聞いて吹き出した事がある。

正解は「沈黙はキンなり」な訳だけど、そもそも「沈黙は金なり」だけでも意味がなりたたず、この格言は、なんとなく日本固有のことわざみたいなイメージがあるが、実は英国の評論家トーマス・カーライルの著書ー「英雄および英堆崇拝論(On heroes and hero-worship、1841年)」の一節で、原文は「Speech is silver, silence is golden」というのが語源らしい。

日本語に訳すると「沈黙は金なり、雄弁は銀なり」となる訳だが、当時、金は装飾品にしか使われていず、銀は経済価値が高かったので、意味ありげに沈黙するのは上辺の虚勢に過ぎず、雄弁に語る方が真の価値である」が、本来の意味みたい。

しかし日本では優れた雄弁よりも、沈黙の方が価値があるという意味で捉えられている気がする。
要する、他人が嫌がる話をするなら、なんもしゃべらんでいいって話!

高飛車の女はやはり無理。女らしくない。むしろ風俗嬢の方が断然に可愛げがあって、愛おしく感じる。

男なら風俗を選ぶでしょう!不愉快で意味のない合コンで酒代を払うなら、そのまま席を立って吉原の風俗に行くわ!ってそんな日もある!ストレスを感じれば、いつも吉原や川崎の風俗に行く。今日はあんま金を持ってないなっても、吉原の格安店はいつも快く受け行けれくれる。今日さ奮発しちゃおうになると、高級ソープランドで美人の風俗嬢は王様気分をさせてくれる。結局気に入って行き付けの風俗は吉原と川崎があって、デリヘル、ピンサロ、デリヘル川崎って男の風俗ライフを満喫している。

吉原風俗街の店が良くて、「特別室」という風俗嬢ではなく礼儀作法をきちんとしたコンパニオンが迎えてくれるオシャレなお店や、昔ながら江戸時代雰囲気が漂う「吉原三浦屋」、熟女・超熟女・人妻・若妻専門の吉原を誇る25年も営業している老舗「プレジデントクラブ」、ホームページで嬢のグラビアインタビューを見ながら指名できる「王様と私」で王様になってたりして…

それでも、ことが終わってから帰宅には気が向かないときはデリヘルを自宅に呼ぶ。吉原、吉原近辺のデリヘル都内から千葉エリアまでデリヘルしてくれる。鶯谷の「僕の妹」は言わなくても妹が部屋にやってくる、あり得ないぐらいスケベな変態人妻は上野の「即19妻」からやってくる、鶯谷の「SHOWGIRLS-ショーガール」に頼めばブロンド金髪の外国人美女がやってくれ、妖艶なる熟女を求むなら鶯谷の「妻の妖事」、全員正真正銘の風俗未経験現役女子大学生とデートしたいなら秋葉原の「エロカワ!華の現役女子大生ファイル」を要チェック!

ほらね!世の中男のために一生懸命に奉仕する女性はこんなにいるのに、合コンで悲惨な思いするより風俗で人生を謳歌した方がそんな気がする!今日も吉原デリヘルを呼ぼう!明日はまた吉原風俗で遊ぼう!(笑)